CADにもいくつか種類が?

CADは、いわゆる設計、建築現場で多く用いられるツールですが、これにもいろいろな種類があります。「CAD」と言うのは、このツールにおける総称と考えて良いでしょう。コンピュータの画面上で設計を行う場合、製図が行われる手法は、いわゆる『三次元』での製図となります。紙媒体で製図を行った場合も、擬似的な3Dとはなりますが、計算も含めて本来の意味で3次元活用ができるのが、3Dを扱えるCADの特徴となります。

とりわけ建設現場などで用いられる『AUTO CAD』は、Autodesk社が開発したツールであり、製図が必要な場面で広く活用されている、汎用性の高いツールです。会社によっては、このCAD形式で作成されたデータでないと受け取らないという場合もあるようです。どちらにしても、現代においてこれはほぼ特定の分野では欠かせないツールとなっている、と言えます。

通常はAutodesk社のAUTO CADを用いますが、現代ではデータや編集に互換性のあるプログラムを用いることもあります。AUTO CADに関しては初期投資が安価ではないため、そういった互換性のあるプログラムを用いることによって、初期コストを削減することは可能です。

CAD(AUTO CAD)が必要な人とは?

いわゆる「プロ」が必要とするツールはたくさんありますが、それらはその現場で働いている人たちが求める様々な要望を含む、まさにプロフェッショナルのためのツールである、と言えます。そして、それらの分野に関した知識を持っていない人にとっては、それらは扱うことが非常に難しいといえるものとなっています。私達が普段用いている「ツール」はあくまで、私達誰もが使うことができるようになっているものです。専門性よりも、便利さや簡単さのほうが優先されているものが多いのです。

しかし、今回取り上げるような、『CAD』のようなツールは、普段使わない人たちに取ってみればちんぷんかんぷんと言えるようなものかもしれませんが、それらを十分に活用できる人tにとって見れば、非常に活用性の高いツールであり、まさにその仕事では欠かすことのできない手段である、と言えます。では、今回取り上げる『CAD』とは、どのようなツールなのでしょうか。

この『CAD(AUTO CAD)』は、画面上でのいわゆる『設計』を行うために、以前から用いられてきたものです。OSが今より古い時代からありましたから、その頃から手書きの設計に替わって用いられてきました。従来の手書きの製図方法では、修正や複製が効かないというデメリットがあります。しかし、電子データ上でそれを取り扱うことによって、より正確な作業が可能となり、しかも修正、及び複製も簡単に行えるようになっているので、有用なツールと言えます。