CADにもいくつか種類が?

CADは、いわゆる設計、建築現場で多く用いられるツールですが、これにもいろいろな種類があります。「CAD」と言うのは、このツールにおける総称と考えて良いでしょう。コンピュータの画面上で設計を行う場合、製図が行われる手法は、いわゆる『三次元』での製図となります。紙媒体で製図を行った場合も、擬似的な3Dとはなりますが、計算も含めて本来の意味で3次元活用ができるのが、3Dを扱えるCADの特徴となります。

とりわけ建設現場などで用いられる『AUTO CAD』は、Autodesk社が開発したツールであり、製図が必要な場面で広く活用されている、汎用性の高いツールです。会社によっては、このCAD形式で作成されたデータでないと受け取らないという場合もあるようです。どちらにしても、現代においてこれはほぼ特定の分野では欠かせないツールとなっている、と言えます。

通常はAutodesk社のAUTO CADを用いますが、現代ではデータや編集に互換性のあるプログラムを用いることもあります。AUTO CADに関しては初期投資が安価ではないため、そういった互換性のあるプログラムを用いることによって、初期コストを削減することは可能です。